Skip to content

ダンスと高校の勉強を両立できる学校

プロになるのであれば、できるだけ早くからその業界に飛び込むのが一番です。

ただそうとわかっていても、未成年のうちは学業を優先した方がいいと考える保護者が多いのも事実でしょう。保護者に学費や生活面で支えてもらわなくては踊りの勉強もままならない以上、その意向に沿った進路に進まなくてはいけません。そんな場合に最適な進路先として、ダンスと高校の勉強を両立しながら通うことができる学校がおすすめです。

そこなら学校の課程が修了するまでの3年間に、みっちりと踊りの勉強ができると共に高等学校卒業資格と同等の大学入学資格が最終的に取得できます。こんな風に大学入学資格を取得できるのであれば、ダンスより高校への進学を優先することを希望している保護者を説得しやすくなるはずです。

しかも学校では、在学中から業界向けのプロモーションビデオに出たりバックダンサーとして踊る授業を取り入れています。若いうちからプロに交じってダンサーとしての経験を積むことができれば、その分技術的にも伸びるうえ業界での人脈も広がるでしょう。それが今後業界で働くことになった際に、大きな財産になってくれることは間違いありません。それに比べて普通の高校では、ダンス部がないところが多いのはもちろん芸能活動自体を禁止している学校がほとんどです。そんな環境の中では、育つはずの才能も伸び悩んでしまうかもしれません。それなら最初からダンスができる高校に入学して、才能を活かせる環境が整ったところで踊りの勉強に励むべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *