Skip to content

音楽専門学校で教わるデュエットの技術

ソロのアーティストとしてプロデビューしてから、ずっと一人で歌い続けるという歌手は少なくて、テレビの企画などで誰かとデュエットをする人の方が多いです。

しかしデュエットとして歌うための技術を学んでいなかったせいで、コンビとなるアーティストと歌声を合わせられず、恥をかいたという人も少なくありません。そのような恥をかかないためにも、ソロのアーティストとして活躍するつもりの人であっても、デュエットやコーラスの技術を音楽専門学校で学んでおきましょう。

音楽専門学校では他の生徒と一緒になって、デュエットの歌い方を学ぶ事もできて、その授業を通じてコンビとなるパートナーを見つけたという人もいます。自分の歌声と相性が良いと、心から思えるパートナーが見つかるかもしれないと期待をしながら、授業を受けておく事がおすすめです。ただ自分の歌声を前面に押し出すだけでなく、相手の歌声と上手く混ぜあうような歌い方も学べて、デュエットの楽しさに気付くきっかけにもなってくれます。

ソロとしでプロデビューするつもりだった人も、デュエットの楽しさに気付いて、パートナーとなる相手を探すようになったという事例も少なくありません。シンガーソングライターを目指す人であれば、デュエットに合わせた作曲や作詞のテクニックを学んでおく事を推奨します。二人の歌声を上手く使い分けた楽曲を作れた時の喜びを、たっぷりと感じられるシンガーソングライターを音楽専門学校で目指してみましょう。
高田馬場のダンススクールのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *