Skip to content

音楽専門学校を通じた音楽業界へのアピール

自分で作り上げた曲をレコード会社にアピールしようとしても、スタッフがきちんと曲を評価してくれるか分からない事が多いです。

どうにかしてレコード会社に相手をしてほしいと考えるのであれば、音楽専門学校が開催している楽曲発信コンテンストを頼ってみましょう。音楽専門学校で学んだ技術を活用して、作り上げた楽曲をレコード会社の方々に評価してもらうチャンスを与えてもらえます。コンテストでは音楽だけでなく映像も含めて、レコード会社の方々に審査してもらえる機会もあったりと、自身の才能を一気に見せ付ける事が可能です。

他の生徒とコンビになってプロモーションビデオを作り上げて、レコード会社にアピールをするという人もいます。その楽曲発信コンテストを通じて、アーティストとして活躍したいという気持ちが大きくなってきて、モチベーションが向上している人も少なくありません。ただ音楽を評価してもらえるだけでなく、レコード会社のスタッフからのアドバイスも受け取る事ができて、自分の改善するべき点も見えてきます。

どういった層にアピールしたい楽曲なのか、そのイメージ通りの楽曲が作れているのかと、質問に答えるだけでも具体的なアドバイスをもらえます。音楽専門学校の講師から聞かせてもらえるアドバイスとは、少し違った内容になっている事が多いのも、勉強になると感じられる理由の一つです。コンテストは苦手だと感じている方々も、自分のやる気を出させるためにコンテストに参加をしてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *