Skip to content

音楽専門学校の偏見と実状

音楽専門学校と聞くと、派手な身なりをした学生や卒業後に目指す業界をイメージして華やかなな印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

人によっては、そういう世界観に不愉快な印象を持っているかもしれません。しかし教育の現場や実状を知り、偏見かもしれないそういう印象の一部でも変えてほしいというのが、多くの音楽専門学校の願いでもあります。例えば、音楽業界や芸能界を目指すところ、そういう印象が既に実態とかけ離れています。学生の全員がメジャーデビューを目指すのでは決してなく、楽器をいじるのが好きでピアノ調律の仕事や楽器店への就職を選ぶ人もいますし、歌う人、踊る人のサポートがしたくてコンサートホールやライブハウスのスタッフを目指す人も沢山います。

そしてそういう就職や分野に精通しているのも、音楽専門学校なのです。また、音楽関係の業界は一般企業と比べても上下関係や礼儀に厳しい文化なのが事実です。よって学生の身なりは派手に見えるかもしれませんが、彼らは学校で言葉づかいや挨拶、マナーについて徹底的に教え込まれています。人間関係を円滑に保つことやコミュニケーション力についても教わります。

だからこそ、目標としていたメジャーデビューが実現しなくても、一般企業で他の大学を出た社会人と同等以上に活躍している卒業生も数多くいます。自分の子供や親族、また友人など周囲の人が音楽専門学校を目指すと言ってきたとき、そしてあなたが最初に書いたような印象をもっているとき、ただ反感を持つのではなく、そういう現実も見てあげてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *